今日は地域の夏まつり

お祭りはすぐそこの公園でやっているので、家の中にいても朝から子どもたちの声がよく聞こえてきます。
うきうき、わくわく、楽しそうです。
自分の子供の頃を思い出します。

昔は土曜日に前夜祭、日曜日に本祭で、大人がかつぐ御神輿もあって、街のあちこちにテントがはられ、お酒がふるまわれていたものでした。
最近では日曜日1日だけの開催になり、こども神輿が笛の音に合わせて練り歩くだけで、大人がはしゃぐ声は聞こえてこなくなりました。
夕方からはじまる盆踊りは音量がだいぶ控えめになり、踊る人の輪もずいぶん小さくなってしまいました。
一抹の寂しさを感じつつ、お祭りの模擬店で買ってきた焼き鳥をおつまみにビールを飲みながらノスタルジーにひたっています。

寂しくなったとはいえ、はっぴを着て御神輿をひく子も浴衣を着て盆踊りを踊る子もいることが微笑ましいです。

今日の子どもたちが大人になった時に、このノスタルジーを共感してもらえたらいいなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です